バージンロードは実は和製英語だった!英語では何て言う?スペルは?

バージンロード

挙式と言ったらバージンロード!

バージンロードを歩くのは女性の憧れ!

日本の結婚式用語では馴染みの深い“バージンロード”ですが、実は和製英語で、英語では別の言葉になるということを知っていましたか・・・?

 

英語で“バージンロード”は通じない?本当の英語ではなんて言うの?


冒頭でも少し話をしましたが、実は“バージンロード”という単語は和製英語で、外国人の方には通じません。

ぴのこ
ぴのこ

スペルで書くと「Virgin Road」になりますが、アメリカ人に言っても通じませんよ!

日本人にとっては、教会(チャペル)=バージンロード なんていうイメージがありますが、この“バージンロード”という言葉は日本ブライダル業界が名付けたものなんです。

実際に、Wikipedia先生にも、

日本の結婚式場業界が名付けた和製英語である。

参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

と記載があります。

では英語でバージンロードってなんて言うの?という話になりますが、単に「aisle(アイル)」と言います。

「教会の通路」という意味で、至ってシンプルな言葉なんですよね!

他にも英語での“バージンロード”の呼び方はいろいろありますが、

  • aisle where a bride walks(新婦の歩く通路)
  • walk down the aisle(バージンロードを歩く)
  • Wedding road(ウェディングロード)
  • Wedding aisle(ウェディングアイル)

など、本当にシンプルな言い方になります。

 

“バージンロード”という言葉が生まれた理由はなぜ?


これはただ私の考えではあるのですが・・・

日本ブライダル教会が“バージンロード”という和製英語を作ったのは、ただ単に「ブライダル業界を盛り上げたかったから」ではないかな?と思います。

そもそも日本での結婚式は神殿で行う神前式が一般的で、キリスト教式の結婚式が行われるようになったのは昭和50年代と、意外にも最近のことなんですね。

ぴのこ
ぴのこ

私の両親は50代ですが、その頃の結婚式と言えば神前式が一般的だったと言っていました。ウェディングドレスを着るのは神前式後の披露宴で・・・という流れが一般的だったみたいですね。

まだキリスト教式が一般的ではなかった時代だからこそ、日本でのキリスト教式の結婚式の在り方を盛り上げるために、“バージンロード”という和製英語をあえて作り、教会式のロマンチックな演出を作ったのではないかなぁ・・・という私の考えです。

ちなみに、ただの教会の通路をなぜバージンロードと呼ぶようになったのかというと、日本では花嫁は“無垢であるべき”と考えられていたからなのだとか。

バージン(Virgin)は日本語で直訳すると“処女”という意味になりますが、処女こそが無垢な象徴であることから、バージンロードと名付けられたのですね。

リアルな話だと、最近ではバージン(Virgin)で結婚をする人なんて滅多にいないので、よくよく考えると不思議な感じはしますが・・・(笑)

たしかに、直訳の「教会の通路」だとなんとなく淡白でピンとこない気もします。

バージンロードという単語があるだけでも、やっぱりどこかロマンチックですよね*

ぴのこ
ぴのこ

海外の方がaisleのことを日本ではバージンロードということを知ったら、「日本人女性は結婚式の日まで処女を保っているものなのか?」という勘違いをしてしまうかもしれませんね(笑)

 

“バージンロード”という言葉が広まったのはいつから?


バージンロードという言葉が広まったのは、1997年にフジテレビの月9枠で放送されていた「バージンロード」というドラマがキッカケになっているのだそう。

ぴのこ
ぴのこ

バージンロードと言えば、安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」の主題歌が有名ですね!

最終回の視聴率は28.3%を超えるヒット作だったようで、その頃から一気にバージンロードという言葉が広まったようです*

 

まとめ

“バージンロード”とはブライダル業界が作った和製英語だった!

というちょっとした豆知識のお話をしていきました♪

こういった情報を知れるとちょっと面白いですよね。

ぜひ友達などにもシェアしてみてください*

 

記事ID:964

コメント