5月の結婚式におすすめ!母の日サプライズの演出アイディア14選

披露宴

気温も暖かくなってきた5月は結婚式にぴったりの季節*

特に5月の第2日曜日の母の日は、GW明けの休日ということもあり、結婚式の日取りとして選ぶ方も多いはず。

母の日付近で結婚式をするなら、日頃の感謝の気持ちを込めて母の日サプライズを演出として取り入れてみませんか?

今回は、そんな母の日のおすすめサプライズ演出のアイディアを紹介していきます♪

 

さりげないサプライズが素敵*式前の演出アイディア3選

  • 「式中のサプライズは照れちゃうからさりげなくサプライズしたい」
  • 「お母さんは恥ずかしがり屋だから派手なサプライズはあまりしたくないな・・・」

そんな方におすすめしたいのが、式前のサプライズです♪

 

親族控室にメッセージとプレゼント

親族控室にサプライズでメッセージとプレゼントを設置しておくというさりげない演出♪

親族控室には両親以外にも親族たちがいるので、あまり高価なものではなく軽く気持ちが伝わる写真やメッセージなどがおすすめです。

家族写真や親族写真を写真立てやミニアルバムなどに入れ、メッセージを添えておくと喜ばれます。

ぴのこ
ぴのこ

親族写真なら、親族も一緒に話が盛り上がりそうですよね♪

他にも、フォトガーランドを作って控室を飾り付けする演出なんかも素敵ですね*

 

ファーストミート

ファーストミートとは、ウェディングドレス姿とタキシード姿の新郎新婦が結婚式当日に初めて顔合わせをすること。

新郎新婦で行うことが多い演出ですが、両親に向けたファーストミートも最近人気になってきています♪

母の日のサプライズとして、晴れ姿を一番にお母さんに見てもらいましょう!

ウェディングドレス姿の娘さんを初めて見て思わず涙ぐんでしまうお母さんも・・・。

感動的な写真を撮影する機会にもなりますしおすすめの演出です。

 

 

紅差しの儀

紅差しの儀とは日本の伝統的な儀式で、花嫁の最後の身支度としてお母さんに口紅をつけてもらう儀式です。

和装の花嫁がよく取り入れる演出ですが、母の日のサプライズとしてウェディングドレス姿で取り入れてみるのもおすすめ♪

サプライズでブライズルームにお母さまを招き入れ、口紅を塗ってもらいましょう*

素敵な写真を残すこともできますよ。

 

一生の思い出になる*挙式中のサプライズ演出アイディア3選

挙式中にできるサプライズは限られてくるのでは?と思ってしまうかもしれませんが、意外と挙式中にできる母の日の素敵な演出アイディアはたくさんあります♪

 

ベールダウン

今では定番の演出になりつつあるベールダウン*

せっかくなのでブライズルームではなく、入場時に行ってゲストのみんなに見守ってもらうのがおすすめです。

ベールダウンはお母さまからしてもらう最後の身支度で、素敵な意味がたくさんあります。

ぜひ母の日の演出として取り入れてみてはいかがでしょうか♪

 

母と一緒に入場

チャペルでの挙式の場合、花嫁は父親にエスコートしてもらい入場をするのが一般的ですが、母の日のサプライズとして母親と一緒に入場する演出も素敵。

バージンロードが広ければ、父親と母親と3人で手をつないで歩くのも素敵ですね!

特に人前式の挙式であれば取り入れやすい演出です。

 

誓約シーンで母への感謝の気持ちを含める

人前式では自分たちの言葉で誓いの言葉を決めることができますが、その際に母への感謝の気持ちを含めるとサプライズになります*

例えば・・・

  • 「毎日おいしい手料理を作ってくれた母のような女性になります」
  • 「いくら辛くても弱音を吐かない母のような強い女性になります」
  • 「いつも笑顔で家庭を支えてくれた母のような優しい女性になります」

など、お母さんの尊敬できる部分を含めることで、感謝の気持ちを伝えながら誓いを立てることができます♪

ぴのこ
ぴのこ

さりげないサプライズ演出に喜んでもらえること間違いなし!

 

盛り上がる!披露宴中のサプライズ演出アイディア8選

サプライズ演出といえば、やっぱり披露宴中に行うのが定番!

母の日にできるような演出もたくさんあります♪

 

サンクスバイト・ラストバイト

ウェディングケーキ入刀後の新郎新婦で行うファーストバイトは披露宴演出の定番ですが・・・

  • ありがとうの気持ちを込めてケーキを食べさせてあげる「サンクスバイト」
  • 独身最後の思い出としてお母さんにケーキを食べさせてもらう「ラストバイト」

などの演出も、母の日サプライズとにぴったりです!

サンクスバイトは、小さいころからおいしい料理を作ってくれたお母さんに感謝の気持ちを伝えることができます♪

お母さんにケーキを食べさせてもらうラストバイトは少し照れくさいかもしれないけど、子供のころに戻ったような気持ちになれる素敵な演出です*

 

中座エスコート

母の日のサプライズとして、中座のエスコート役をお母さんにお願いするというのも素敵なアイディア♪

子供のころを思い出しながら、手をつないで歩きましょう*

ウェディングドレス姿でお母さんと一緒に歩く機会はなかなかないので忘れられない素敵な思い出になるはずです。

プチサプライズとしてゲストの前で一言感謝の気持ちを伝えるのもいいでしょう*

 

母から譲りうけたアクセサリーを身に着ける

「母や祖母から譲りうけたアクセサリーをつけると花嫁は幸せになれる」というサムシングフォーの言い伝えがあります。

お母さんから譲りうけたアクセサリーを持っているのであれば、そんな言い伝えにならって、サプライズで身に着けておくのも素敵です*

お色直しのドレスにお母さんのアクセサリーをつけて再入場し、会場で司会の方に紹介してもらうとわかりやすくて喜んでもらえますよ♪

 

母との思い出の料理を再現

  • 母が良く作ってくれた手料理
  • 母と一緒によく食べた料理
  • 母の好きな食べ物

など、お母さんとの思い出の料理があれば、“本日のスペシャリテ”としてゲストに振る舞う演出も母の日サプライズとして素敵なアイディアです!

振る舞う前に母の日であることとエピソードなどを添えて司会の方に紹介してもらうと、より素敵なサプライズに・・・。

少し値段がかかる演出ですが、お母さんだけではなく親族やゲストの方にも喜んでもらえるサプライズです♪

 

サプライズプレート

お料理の最後のデザートプレートにメッセージを添えてもらうサプライズは簡単で式場にもお願いしやすい演出です。

  • 「いつもありがとう」
  • 「これからもよろしくね」
  • 「お母さんの子供に生まれてよかった」
  • 「生まれて○○日 本当にありがとう」

などシンプルなメッセージでも感謝の気持ちは伝わります♪

母の日仕様として、カーネーションのイラストなど描いてもらうのもいいかもしれませんね!

 

サンクスムービー

披露宴といえばオープニングムービーやプロフィールムービーは定番ですが、両親に向けた感謝の動画「サンクスムービー」を上映するのも人気の演出となっています!

母の日仕様のサンクスムービーを上映するのも素敵なアイディアです♪

サンクスムービーを流すタイミングは花嫁の手紙の前が最適。

“両親だけに気持ちを伝えたい”という方は、挙式前に両親だけに流してあげるのも素敵なサプライズになります*

サンクスムービーの作成は、「ココナラ」での依頼がおすすめです。

動画作成などができる個人の方が依頼を受け付けているサイトで、企業にお願いするより安くサンクスムービーを依頼することができます♪

「サンクスムービー」「結婚式 ムービー」などで検索してみましょう。

ぴのこ
ぴのこ

5,000円~10,000円前後でもクオリティの高いムービー制作を依頼することができますよ!



カーネーションのプレゼント

母の日のプレゼントといえば、やっぱりカーネーションですよね。

両親への贈呈品として花束を選ぶ人が多いですが、これをカーネーションの花束にすると母の日らしいサプライズになります。

司会の方からも「母の日ということで新郎新婦からの花束は綺麗なカーネーションとなっています」というように紹介してもらうとゲストにもわかりやすいです♪

 

母の日限定商品のプレゼント

母の日付近になると、いろいろなお店で母の日限定のアイテムが販売されます。

そういった商品の中からとっておきのプレゼントを用意しておき、式中にプレゼントするというのも素敵なアイディア*

贈呈品として渡すのもいいですが、披露宴会場の席にメッセージを添えて置いておくのおすすめです。

 

母の日のサプライズ演出をする際の注意点

母の日のサプライズとして演出を取り入れたいのであれば、必ず事前にプランナーに必ず確認しておきましょう。

例えば、ムービーの上映だったり、ファーストミートで挙式会場を貸してほしかったりする場合、事前に手配が必要になってきます。

そのため、できるだけ早めに「母の日のサプライズでこういう演出をしたい」と伝えておいてくださいね。

 

まとめ

母の日にできるサプライズ演出はたくさんあります!

日頃サプライズは照れくさくてなかなかできない・・・という方は、ぜひ結婚式のタイミングを使って母の日サプライズの演出を取り入れてみてください*

結婚式だからこそ、お母さんにとっても新郎新婦にとっても一生忘れられない思い出になるはずです♪

 

記事ID:1250

コメント